20周年記念プロジェクト

(以下、来年の大会に向けた大まかなスケジュールを3.で入れる)

1.主目的

  • 学会の存在を学会外にアピールする
  • 学会会員に参画の機会を促し活動への関心を高める

2.プロジェクトのテーマのポイント

  • 研究対象領域のフレームづくり。これによって今後の情報発信や活動の際の括りを明確にする
  • 「20年」というこの分野においては活動の長い学会であることを意識させる
  • 成果物は出版物(電子媒体)で提供できるものとする

> 詳細PDFはこちら(資料をリンクする)